■幼稚園年長~小1前半まで。公文の英語、1年半の学習履歴

2017年3月。幼稚園年中。公文の英語開始。

2017年3月。幼稚園年中。公文の英語開始。

小1の娘は、幼稚園年中の終わり3月から公文に通い始めました。
公文は1教科ごとの月謝負担もさることながら、毎日の宿題は親子ともにかなりの負荷となるので覚悟が必要です。
幼稚園の比較的時間のある時に読み書き計算、英語の学習貯金を作っておくと後が楽になると考えて1年頑張りました。
宿題が多すぎても勉強嫌いになってしまうので、子供の様子を見ながら進める親のマネジメント力が試されます。
教室に丸投げもできますが(私も最初の2-3か月仕事が忙しくて丸投げでした)、やはり親が毎日子供に目をかけてモチベートしてあげると習得・進み具合が全然違います。
“日本を教育の軸にしながら”英語の読解力を短期的に伸ばすなら、個人的に公文の英語はかなりおすすめです。ただし子供によって合う・合わないはもちろんあります。

最初は日本的な英語が身に着くのは嫌だなぁ~という印象がありましたが、低年齢で文法を着実に身に着けながら、体系的に英語を読めるようになる(vocabularyもreadingも)、書けるようになります。
公文をやるまでは体系化されていて、着実にレベルアップしていけるリーズナブルな英語学習方法を日本でなかなか見つけられませんでした。

しかも公文の英語は、どの年齢からでも始められるように、教材のすべての日本語に読み仮名がふってあります。カタカナひらがなが読めればできます。日本の英語学習を低年齢で始めようとすると、この読み仮名がないのがけっこうハードルになります。英検の単語集、問題集、他の英語のテキスト、全漢字に読み仮名がふってあるテキストはなかなかないのです(英検の本試験問題自体はルビがふってあります)。

環境次第では、ネイティブのように英語を英語のまま習う、学習を進めるもありだと思うのですが、日本に住んでいて両親ともに日本語で会話をして、幼稚園・保育園も日本語、テレビも日本語環境という状態では、母国語の第二言語として習得を進めたほうが、結果的に二つの言語、日本語・英語ともに理解が進む気がしました。娘も公文のインプットのおかげで1年で英語の読解力を急速に伸ばし、英検やセブでインターナショナルスクール、プライベートスクールの小学校受験に合格できました。公文ではなくても、子供にあった他の英語学習法があるならばそれでよいと思います。たまたま我が家の英語学習タイミングと娘の性格が公文のやり方と相性が良かったというご参考までに。

公文に通い始めた年中終わりの時期は、アルファベット大文字、小文字を書ける、フォニックス読みできる、身の回りの簡単な単語を言える(動物、果物、生活用品など)、自己紹介が簡単に言える程度の英語力でした。レベルチェックを受けた結果、公文の英語はD教材からスタートしました。3A~Cまでは冊子で単語とセンテンスを音読する教材となり、D教材からライティングのペーパーワークが入ります。

3A~A: 初めての英語、基礎単語の冊子をE-pencilで音読する
B、C: 簡単なセンテンスをE-pencilで音読する
D、E、F: ライティングのペーパーワーク開始。E-pencilで音読しながら、アルファベットから単語、センテンスライティングへ進んでいく。
G: 中1レベル教材(be動詞、一般動詞、肯定文、疑問文、否定文、過去形、進行形、疑問詞疑問文等)
H: 中2レベル教材(助動詞、動名詞、不定詞、比較、受動態等)
I: 中3レベル教材(現在完了、文型、使役動詞、知覚動詞、後置修飾、関係代名詞、接続詞、応用等)
J以降: 高校レベル教材

2017年5月。幼稚園年長。公文の英語E教材。

2017年5月。幼稚園年長。公文の英語E教材。小学生レベル。

年長の5月ぐらいには、次のE教材に進みました。単語からセンテンスになります。例文を見ながらセンテンスを書いて反復練習して慣れていきます。単語のまとまりで書く、スペースをあける、ピリオドやクエスチョンマークを打つ、といった書き方も繰り返し練習します。E-pencilという公文独自の音読機械で発音を真似して音読します。

確かE教材からF教材に移るあたりで英検5級を受験したと思います。公文と英検の親和性は高いのでタイミングを見て受験するといいと思います。幼児にとって最初の英検受験は、英語レベルよりも、マークシートの塗り方とか試験中お話ししない、とか、並べ替え問題の解き方とか、試験の受け方に慣れさせるのがまず大変です。

2017年8月。幼稚園年長。公文の英語教材。小学生レベル。

2017年8月。幼稚園年長。公文の英語F教材。小学生レベル。

年長の夏ごろには、F教材を学習していました。小学生レベルの最後の教材です。センテンスを自分で書かなければいけません。つい1年ちょっと前なのに、まだたどたどしくて懐かしいです。

各レベルは200枚のワークシートで構成されています。例えば1日5枚ずつやると1か月で150枚。土日は休むなどご家庭によってマイペースで学習できます。200枚やれば次のレベルに自動的に進むわけではなく、公文の特徴ですが反復練習をします。最初のうちは2回程度の繰り返しですが、難しくなってくると習熟度に応じて同じ教材を3回以上繰り返す場合もあります。終了後にテストを受けて習熟度をチェックします。

朝5時に起きて公文の宿題中。

2017年8月に幼稚園年長で初めてセブ親子留学した際にも、朝5時に起きて公文の宿題中。

継続は力なり。親子留学中も宿題は持参してやっていました。たった5枚、されど5枚。内容やレベルによって20分から40分ぐらいかかります。ついつい「宿題やったの??」「公文の宿題やらないと遊べないよ」など正直ガミガミ、おこりがちになるときもあります。理想としてはただ横に座って見守ってあげる姿勢ができればベストなのですが、こっちも忙しいから難しいですよね。

2017年9月。幼稚園年長。公文の英語G教材。中1レベル。

2017年9月。幼稚園年長。公文の英語G教材。中1レベル。

たった1週間ですが、初めてのセブ親子留学から帰国し、英語学習のモチベーションが多いに高まった娘。2018年の1月、幼稚園年長の最後に英検4級レベル合格を目標にして猛勉強することにしました。

英検4級の壁は過去形と長文にあると思っていたので、この時期は公文を1日10枚ずつ進めていました。娘もかなり負荷が高かったと思いますが、幼稚園から帰宅後は娘の英語時間と決めてママも仕事は午前中にほぼ済ませがっつり勉強していました。息抜きは英語のアニメでした。

2017年11月。幼稚園年長。公文の英語G教材。中1レベル。

2017年11月。幼稚園年長。公文の英語G教材。中1レベル。

過去形の不規則動詞変化。take-took-taken、なんて覚えるよりも、習うより慣れろ、です。幼児は数をこなしているうちに自然に覚えていきます。そもそも時間の感覚で過去形という概念を教えるのが最初のハードルですが。昔話をたとえに、昨日あったことをたとえにお話ししているとなんとなく分かってくれます。

2017年12月。幼稚園年長。公文の英語H教材。中2レベル。

2017年12月。幼稚園年長。公文の英語H教材。中2レベル。

中2レベルのH教材。G教材よりさらに難しくなりました。動名詞の問題は親でも頭をひねる例文があったり、そもそも出てくる内容自体が幼児には意味不明だったり。

2018年1月。幼稚園年長。公文の英語H教材。中2レベル。

2018年1月。幼稚園年長。公文の英語H教材。中2レベル。

中2レベル後半の比較級。年末年始も頑張って、4級受験の直前になんとか比較級まで終わらせることができました。
結果、英検4級はほぼ満点に近い余裕の合格となりました。ちなみに英検主体でもなく、公文だけではなく、英語学習は同時にいろいろなことをやっていました。この時期は幼稚園卒園を待たずに3月に2度目の親子留学を行くと決めていたので一番猛勉強していたと思います。

2018年3月。幼稚園年長。公文の英語I教材。中3レベル。

2018年3月。幼稚園年長。公文の英語I教材。中3レベル。

小1の6月に英検3級レベルの習熟度を目指していたので、現在完了形とライティングが次の壁だと設定。公文の中3レベルI教材で、現在完了形を徹底的に練習しました。現在完了形は大人でも使いこなすの難しい。正直娘が会話やお手紙で使えるかというと使えないです。

2018年4月。幼稚園年長。公文の英語I教材。中3レベル。

2018年4月。幼稚園年長。公文の英語I教材。中3レベル。

公文を始めてから1年でここまで来ました。とにかく書いて書いてかきまくるから、単語のスペリングは自然と覚えていきます。英語のお手紙は自由自在に書きたいことを書けるようになりました。

2018年6月。小1。公文の英語I教材。中3レベル。

2018年6月。小1。公文の英語I教材。中3レベル。

様々な主語や時制が混じっていてもかき分けられるようになりました。ちなみに英語を使いこなすためには日本語訳から英語を考えるクセは直していかないといけないのですが、母国語の日本を軸にした幼児教育としては日本語と英語同時に理解しているので、2言語同時に読解力ついて一石二鳥だと思います。

2018年7月。小1。公文の英語I教材。中3レベル。

2018年7月。小1。公文の英語I教材。中3レベル。

娘は公文の読み物がおもしろいと言っています。徳川家康、伊能忠敬、トロイ遺跡を発見したハインリヒ・シュリーマンなど、宿題が読み物のときは嬉しそうでした。

2018年8月。小1。公文の英語I教材。中3レベル。

2018年8月。小1。公文の英語I教材。中3後半レベル。

セブにきてからも公文を続けていて、中3レベルI教材の後半に入りました。さすがにかなり難しくて関係代名詞のthat節など苦労しました。ライティングも1年半でここまでスムーズに書けるようになりました。ちなみにセブの小学校でもライティングは現地の子供たちに負けてないと思います。これは小1だからですが。やっぱり小3、小4以降となってくると小学校の勉強もぐっと難しくなるからリーディング、ライティングも高いレベルが求められます。

2018年8月。小1。公文の英語I教材。中3レベル。

2018年8月。小1。公文の英語I教材。中3後半レベル。

I教材後半は親も英作文できないやつが出てきます。そしてI教材あたりから、その言い方(解答)である必要ないのではないか?と思う問題もぽつぽつ出てきました。娘の作文が英語として間違いではないのに解答を修正する必要がある場合等です。

公文の英語。E-pencilでリスニングと音読練習をします。

公文の英語。E-pencilでリスニングと音読練習をします。

ひととおり中学レベルまで終了しました。この先の高校レベルJ教材を見ると大学受験にあわせているのか日本語に訳す問題が増えていき、より第2言語としての英語学習となっていく気がしました。セブの学校で英語を英語のまま理解し何かを学ぶことに慣れ、今は他に時間を使いたいので、もう公文の英語を卒業する時期だなと十分に納得。1年半あまりに及んだ公文の英語宿題、娘よお疲れ様でした。公文と公文の先生方、本当に有難うございました。

過去記事ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■セブ移住1か月。我が家がセブ移住を即断、即決、即実行した理由

■フィリピン・セブ親子留学体験~幼稚園年長娘(2017年8月・留学期間1週間)

■フィリピン・セブ親子留学体験2回目~幼稚園年長娘(2018年3月・留学期間4週間)

■年長で英検4級合格、小1入学時に英検3級レベル!子供のお家英語ふりかえり

recent post

  1. ZARAのグローバルECがついにフィリピン、セブにもやってく…
  2. フィリピンのQRコードスマホ決済、PayMayaとGCASH…
  3. セブ暮らし、ランドリーショップの利用をやめて洗濯機買いました…
  4. セブで子連れのお出かけなら、SMシーサイドへGo!
  5. 時は満ちたり。年中息子、フィリピンのセブで公文始めました。

archive

  1. 自分のものはできる限り買わないと決めているのですが、安可愛さについ衝動買い。

    セブライフ

    Day24: ご近所エリア探索、Gisano Grand Talamban探検
  2. フィリピンの本屋さん。National Bookstore

    セブライフ

    Day27: おみやげにもおススメ!セブのNational Book Store…
  3. 何かにとりつかれたように執筆活動中の娘。

    セブライフ

    Day184: 子供の英語、我が家のライティング力の伸ばし方。お手紙とストーリー…
  4. プールを横目にうらめしそうに授業に登校

    フィリピン親子留学体験

    フィリピン・セブ親子留学体験~幼稚園年長娘(2017年8月・留学期間1週間)
  5. 家訓をWall DecoにしてInsta映えスポットを作ってみた

    お家プロジェクト

    Day215: 家訓をWall DecoにしてInsta映えスポットを作ってみた…
PAGE TOP