浮き輪売りのお姉ちゃんと砂遊び、海水浴

セブからの旅

Day69: セブから長距離バスで3時間半!モアルボアルのホワイトビーチに行ってきた!

そもそも今週末はカモテス島に行くつもりだったんですよ!
カモテス島のホテルまで予約しておりました。ボホール島やオランゴ島に行き、セブからのお手軽な船旅のとりこになっていたため、去年からカモテス島の直行便がマクタン島から出たということで楽しみにしていたんです。

ウキウキしながら焼きおにぎり作って、サンドイッチ詰めて、朝6時半に家を出て、マクタンのフェリー乗り場、セブヨットクラブに向かいます。

着いたら、、、ありえなーいーーーー、でもフィリピンありえるぅぅぅーーーー笑

カモテス島に行こうとしてるみなさん、マクタンのセブヨットクラブからの新フェリー(Jomalia Shipping Co.)は2018年8月現在運休中だよ!!!どこにもお知らせ見つけられなかったけど、気を付けて~!!!
※2018年8月31日現在。Jomalia Shipping Co.から返事がきました。すでにマクタン→カモテスフェリーは復旧しているとのことです!!
You may book online thru barkota.com or you may visit our ticketing offices at Island Central Mall or at Mandaue. Advance booking is accepted at least two days prior your departure date.

Plan AがだめならPlan B、Plan Cで行こう!

Plan AがだめならPlan B、Plan Cで行こう!モアルボアルの宿の空きを検索中。

いったん旅路に出たら、どう楽しむかは自分次第。カモテスに行きたいとぶーたら言う娘と、とりあえずカフェに入ってカフェイン飲もうとするパパをタクシーに詰め込み、即移動。当初のPlan Aがだめなら、速攻切り替えてPlan B実行です。
急いでセブ島に戻り、Pier1からカモテス島行き(Ocean Jet)午後便に乗るか、1時間ごとにフェリーのあるボホール島にするか探ってみることに。

。。。チーーン。今日はとことんついてない。Pier1からのフェリーも乗れなくて、サンペドロ要塞の公園に一瞬避難。Plan Bがだめなら、Plan C!!! あなたの人生、アルファベットは26文字もあるんですよ!!
セブからバスで行ける比較的近場のビーチ、モアルボアルのホテルを速攻検索。安宿ならなんとかあるみたいだから、迷わずタクシー拾ってサウスバスターミナルに向かいました。

セブのサウスバスターミナルについた!

セブのサウスバスターミナルについた!

モアルボアルはセブから長距離バスに乗って南下し3時間半ぐらいで付きます。Ceres Linerのエアコンありなしのバスがあり。ちなみにタクシーの運転手さんに値段交渉したら、片道3000ペソとか言ってたけど、往復で3000ペソまで下がりました。日帰りはいやだったから断ってバスにしましたが。

バス待ち。30分ごとに来ます。エアコンなしにしたらすぐ乗れました。

バス待ち。30分ごとに来ます。エアコンなしにしたらすぐ乗れました。

バスターミナルに着くと、そこらへんにいるひとに、モアルボアルのバスどこ?と言って歩くと、乗り場を教えてくれます。バスにトイレがないので必ずお手洗い(CR: Comfort Room)を済ませておきましょう。確か5ペソか10ペソ必要。
モアルボアルで現金足りなくならないように、セブにいるうちに現金確保や携帯ロードは済ませておくべし。すでに長蛇の列ができていましたが、エアコンなしバスが来た瞬間に希望したらすぐに乗れました。現地生活でジプニーに乗っていてエアコンなしでも走行してれば涼しいことを知っていたので、エアコンなしバス即決、意外と快適で大丈夫です。

バスの切符はバス内で購入。大人二人、子供二人で420ペソ(900円ぐらい)

バスの切符はバス内で購入。モアルボアルまで3時間。大人二人、子供二人で420ペソ(900円ぐらい)

バスの切符は乗車後に車掌さんに支払います。エアコンなしバスは、大人115ペソ、子供95ペソ。エアコンありだと20ペソずつ上がった気がする。モアルボアルまで500ペソ以下で行ける気軽さ、うれしい。

バスの車内には次々と売り子が乗り込んできます。途中下車、途中乗車もあり。

バスの車内には次々と売り子が乗り込んできます。途中下車、途中乗車もあり。

シティを抜けて郊外に入ってくると、バスには次々と水やお菓子の売り子さんが乗り込んできます。食べ物を持っていなくても飢えることはないかと思われますが、しばらくトイレがないので要注意です。

エアコンなしのバス、窓全開で気持ち良かった。子供たちも車窓の景色に夢中。

エアコンなしのバス、窓全開で気持ち良かった。子供たちも車窓の景色に夢中。

立ち乗りの乗客もいるため、小さい子連れだと、ひざに乗せるか詰めて座るように言われることもあるけれど、子供も切符を買っているから断固Noと席を確保したほうがいいです。長距離移動なので子供たちのためにね。赤ちゃん連れとシニアの方が途中で乗ってくると、席を立って譲っていた男性がいました。フィリピンでは子連れにも優しいけど、シニアも大切にされ絶対権限あります(ホテル・レストランでも割引、スーパーでもレジが別)。

モアルボアルに近づくとトイレ休憩があります。きれいな海が見えたー。

モアルボアルに近づくとトイレ休憩があります。きれいな海が見えたー。

9時半前にセブを出発して、街を抜け、郊外を走り、山越えをして(結構絶景)、お昼近くに海に出ました!きれい~~。おにぎりもってたおかげで、バスでランチも済ませられたし、モアルボアルへの旅路は上々です。

今日の宿に到着。Sea Turtle House。

今日の宿に到着。Sea Turtle House。

モアルボアルのバス停でバスを降りて(ドライバーか車掌に降りる場所を必ず伝えておいたほうが安心、バスはさらに南下するため)、トライシクルを探します。
今日の宿は、バス車内でHotels.comで予約したホワイトビーチのシータートルハウス。大きめのトライシクルで250ペソを値切って200ペソでした。他ブログだと100-150ペソなどありますが、年々物価があがっている東南アジア新興国では2-3年前の価格は参考程度にしかならないかと思われます。
シータートルハウス、海目の前で、写真素敵に見えますが、バックパッカー的な安宿がだめな方にはおすすめしません。逆に部屋を気にせず、外でも寝れるぞ的な人には、海が目の前で、シュノーケルもそのまま行けるし、星空もきれいだし、いいかも。

だあれもいない。バックパッカー的な宿。

だあれもいない。海が目の前のバックパッカー的な宿。

オーナーはイタリア人、スイス人ハーフのオランダ人?だったような。かなりマイペースなオーナーで、しかも英語もネイティブではないため、要望あれば確実に確認したほうがいいです。我が家は朝ごはんを4人分注文しておいたはずが、翌朝用意されていなくて(前日にオーダーしないと食材がない、用意されない田舎)、早朝から起きて8時まで待っていたので、半ギレしました。周囲に何にもないので、ほんとに。
保冷バッグにチョコサンドの残りがあったため、かろうじて家族全員おなかすかせないですんだけど。

こんなシンプルなコテージがあります

今回はトイレの横の地味な部屋でしたが、こんなシンプルなコテージがあります

当日予約したため、トイレ横のかなりアレな部屋でしたが、部屋は寝るときとシャワー以外いなかったので、気になりませんでした。外にいるのが海風がとても気持ちよくて、夜は外でKindle持ち出し映画観賞会を家族でして(夜行性の巨大なヤドカリやカニがわらわら足元に集まってきてびっくり!)、朝は早起きして海を見たり体操したり。外、外、外、お外大好き。

簡素なダイニングスペース。厨房にスタッフがいれば何か作ってくれます。

簡素なダイニングスペース。厨房にスタッフがいれば何か作ってくれます。

宿の目の前がすぐに海。敷地からすぐにシュノーケルに行けます。

宿の目の前がすぐに海。敷地からすぐにシュノーケルに行けます。

ドロップオフまで泳げばちょっとしたコーラルや魚が見れたり、たまにはウミガメが見れたりするらしいのですが、けっこう遠浅で遠くて、うちの子供連れだと厳しいと判断し、近場で遊んでいました。近場だと海藻とウニばかりであまり魚は見えません。

海は遠浅です。子供たちが歩いていても安心ですが、ウニだらけなのでマリンシューズはあったほうよし。

海は遠浅です。子供たちが歩いていても安心ですが、ウニだらけなのでマリンシューズはあったほうよし。

宿からホワイトビーチまで海の中を歩いていけるぐらい遠浅です。

ウニの住処がところどころに点在。ウニだらけ。

ウニの住処がところどころに点在。ウニだらけ。

踏みたくない、踏みたくない笑。

夕方の干潮時には遠くまで海を歩いてお散歩。

夕方の干潮時には遠くまで海を歩いてお散歩。珊瑚もちょっとだけあるから海の良いお勉強素材。

宿にも海の中から帰ります。

宿にも海の中から帰ります。

初めてのココナツジュース。憧れはひとくち飲んで崩れ去った笑

初めてのココナツジュース。ココナツへの憧れは、ひとくち飲んで崩れ去った笑

夕食を完全に食べそびれ、宿の厨房にも誰もいないので、隣のホテルの外カフェで軽くサンドイッチなどを食べて済ませました。子供たちはずっとあこがれていた生ココナツジュースを注文。
絶対好きじゃないからやめといたほうがいいのに笑、何事も経験なので頼んであげました。

初めてのココナツジュース。憧れはひとくち飲んで崩れ去った笑その2

初めてのココナツジュース。憧れはひとくち飲んで崩れ去った笑その2

ココナツへのあこがれは、見事に崩れ去りました笑。子供の初めての体験を観察できるのは本当に面白すぎる。

ホワイトビーチに向かうオフロード。シュノーケルギアを外さない4歳。

ホワイトビーチに向かうオフロード。シュノーケルギアを外さない4歳。

モアルボアルはホワイトビーチとパナグサマビーチが有名ですが、今回はホワイトビーチのみに滞在。子連れで慌ただしいスケジュールはちっとも楽しくないからね。

白い砂浜と青い海のコントラストが美しいホワイトビーチ

白い砂浜と青い海のコントラストが美しいホワイトビーチ

遠浅のホワイトビーチは、白い砂浜と青い海のコントラストがとってもきれい。でしょ!!

はい、次の写真からローカルのリアルをお届けします。
どうも、SNSやインターネット上の素敵な写真や情報だけで、期待値をあげすぎるのは性にあってないのです。
期待してないからこそ、感動や新たな気づきが生まれると思うんだよね。

日曜朝のホワイトビーチ。打ち上げられたごみとローカルのフィリピーノだらけ

日曜朝のホワイトビーチ。打ち上げられたごみとローカルのフィリピーノだらけ

まず、朝一で行くと、浜辺には大量のごみが打ち上げられています。海藻やココナツの殻に交じって、プラスチック、踏んだら危ないガラス破片のゴミ、危ないやつだと注射っぽいやつも。

ビーチクリーニングする方々。大量のごみを片付けていきます。

ビーチクリーニングする方々。大量のごみを片付けていきます。

でもね、こうしてみんなで浜辺の隅から隅まで掃除していきます。
ちょっと驚いたのが、清掃員の方だけではなく、ゴミに気づいたらそこらへんのお客さんも拾ってゴミ箱に次々と入れていたこと。きれいな海を守る気持ちは嬉しいよね。このクリーニングがあって、ホワイトビーチの美しい景色が保たれているんだね。同時に、国境を越えた海の環境・ゴミ問題の深刻さが改めて心に刻まれます。

お母さんのお手伝いをして浮き輪を売る12歳の女の子

お母さんのお手伝いをして浮き輪を売る12歳の女の子。とても仲良くなり一緒に遊ぶことに。

浜辺には次々に売り子さんがやってきます。小さな女の子が浮き輪を売っていました。
子供の売り子なのでつい浮き輪を2つも買ってしまいました。1つ120ペソ(250円くらい)で、空気を入れてくれます。何歳?お母さんのお手伝いしてるの?英語上手だね?と話しかけます。とても素敵な笑顔を見せてくれました。

ビーチにあるコテージを600ペソでレンタル。荷物も置けるしランチも食べれる。

ビーチにあるコテージを600ペソでレンタル。荷物も置けるしランチも食べれる。

ホワイトビーチにはこんなコテージがあって、有料ですが終日レンタルできます。600ペソ(1300円くらい)、早い者勝ち。ちなみにコテージ利用料、セブシティ・マクタンの半額以下くらいの感覚。
日陰避難所になるし、荷物の置き場にもなるし(貴重品はレセプションに預けておいた)、レストランで頼んだランチを食べれるし、フィリピーノの休日の過ごし方を垣間見れておもしろいです。

フィリピーノの週末の過ごし方。飲み物・食べ物を持参して家族・友人とビーチで過ごす

フィリピーノの週末の過ごし方。飲み物・食べ物を持参して家族・友人とビーチで過ごす

家族・友人連れで大量に食料を持ち込み、ビーチで過ごすフィリピーノ。赤ちゃんからばあちゃん・じいちゃんまでごちゃまぜ。

レストランで食事もオーダーできます。海の家的なごはんでおいしいよ。

レストランで食事もオーダーできます。海の家的なごはんでおいしいよ。

レストランで頼んだランチ。そこそこおいしく食べられます。

浮き輪売りのお姉ちゃんと砂遊び、海水浴

浮き輪売りのお姉ちゃんと砂遊び、海水浴に夢中

浮き輪売りのお姉ちゃんとすっかり仲良しになり、ずっと遊んでました。子だくさんのフィリピンでは、年上の子が小さい子たちの面倒見て遊ぶってのが上手です。もう遊んでくれるお友達がいると親はらくちん。この隙にビールを開けたパパママです笑。

大潮でけっこう波が高く、子供たちだけではすぐに流される

大潮でけっこう波が高く、子供たちだけではすぐに流される

海も一緒に入って泳ぎました。

普段潮がこない場所まで波が押し寄せ、浜辺のお店が完全に水につかる

普段潮がこない場所まで波が押し寄せ、奥に見える浜辺のお店が完全に水につかってる

しっかし、この日は大潮に近かったのかな。普段押し寄せない場所まで波が押し寄せ、浜辺の店は完全に波かぶってるし、コテージまで波が入ってきました。波高すぎて、今回のシュノーケルは完全にあきらめ。出直します。

波が荒いこともあり、フィリピーノも音楽をかけてZUMBAを始めた!

波が荒いこともあり、フィリピーノキッズたちも音楽をかけてZUMBAを始めた!

フィリピーノとノリノリの音楽はかかせない。
突然浜辺でZUMBAを始めるフィリピーノキッズたち。混ざる大人たち。

良く耳にするKPOPのZUMBA。子供たち踊りはキレッキレッです。すごい。

良く耳にするKPOPのZUMBA。子供たち踊りはキレッキレッです。すごい。

なんかMOMOLANDのBBoom Bboom が大流行していて、セブにいるとどこいっても流れています。フィリピーノとノリノリのKPOPは相性抜群。子供たちのダンスも素晴らしい。この中毒性のある音楽、おばちゃんも踊りたいーーー。子供たちと練習する予定です。
日本でも流行ってます?笑

ちなみにモアルボアルは、我が家はリピートすると思います。ローカル感が居心地良かった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回も自社のクーラーバッグを持参しました。
セブから凍らせた水と焼きおにぎり、サンドイッチを入れて。アイランドホッピングや海外の田舎では食料や水の調達が不便なので、コンパクトなクーラーバッグは本当に重宝!!!
家族全員、おなかがすいたら食べさせるものもあり、冷たいお水もあったので、母は大助かりでした。

Root&Beachのカモ柄クーラーバッグが大活躍でした

離島はコンパクトなRoot&Beachのカモ柄クーラーバッグが大活躍でした

Roots & Beach ルーツアンドビーチ 迷彩柄 カモ柄 クーラーボックス クーラーバッグ

こちらから購入できます。

 

みんなコスチュームで登校、楽しそう!楽しんでおいで!Day65: 目指せマルチリンガル!フィリピン語での初スピーチ、山の妖精Maria Makilingに変身前のページ

Day74: 今週は期末試験実施中。小学校だけでなく、幼稚園も年少から期末試験がある!?次のページ母さんがCaterpillar覚えたのは、君たちが生まれてからだよ。

ピックアップ記事

  1. Day27: おみやげにもおススメ!セブのNational Book Store…
  2. セブ島で子連れAirbnb初体験するなら、マクタンニュータウンがおすすめ!
  3. フィリピン・セブ親子留学体験~幼稚園年長娘(2017年8月・留学期間1週間)
  4. Day25: セブに来るなら覚えると楽しみ倍増!ビサヤ語(セブ語)超基本挨拶10…
  5. フィリピン・セブ親子留学体験2回目~幼稚園年長娘(2018年3月・留学期間4週間…

関連記事

  1. ガイドさんのSUPに娘、パパに息子が同乗

    セブからの旅

    Day41: セブ親子移住後、初めてのボホール島への旅。ロボック川SUP体験とアロナビーチ

    セブ移住後、初めての週末ショートトリップです。片道2時間のフェリーに乗…

  2. Pen中国最新案内をプールサイドで眺める至福の妄想タイム

    セブからの旅

    Day109: 目指せマルチリンガル!次の親子留学先への妄想が止まらない!

    セブ移住して3か月を過ぎ、非日常の連続が、だんだんと日常の暮ら…

  3. 桟橋を歩いた人にしか見えない景色
  4. /海外移住/セブ移住/セブ親子留学/セブ子育て/セブ教育移住/セブ留学/セブブログ/セブ親子移住/ロングステイ/英語留学/お家英語/子供の英語学習/バイリンガル教育/マルチリンガル教育/ピクニックバスケット/ビーチピクニック
  5. /海外移住/セブ移住/セブ親子留学/セブ子育て/セブ教育移住/セブ留学/セブブログ/セブ親子移住/ロングステイ/英語留学/お家英語/子供の英語学習/バイリンガル教育/マルチリンガル教育/中国語/子供中国語/キッズ中国語/フィリピン教育/フィリピン留学/フィリピン英語留学/フィリピン親子留学/ワケーション/ママ起業/ボホール島/アンダ

    セブからの旅

    ボホール島のアンダホワイトビーチで過ごす静かな週末

    どこまでも続くボホール島アンダのホワイトビーチセブへ…

  6. /海外移住/セブ移住/セブ親子留学/セブ子育て/セブ教育移住/セブ留学/セブブログ/セブ親子移住/ロングステイ/英語留学/お家英語/子供の英語学習/バイリンガル教育/マルチリンガル教育

    セブからの旅

    これが本当のシェアリングエコノミー!セブ島で天国に一番近いAirbnb見つけた!

    セブ島で天国に一番近いAirbnb見つけた! このサンゴ礁ビーチ!貸…

recent post

  1. 小3お家英語。DMM英会話のDaily Newsで、ニュース…
  2. お家英語2020年秋、小3英検2級、年長で英検4級無事合格!…
  3. 小3娘、フィリピン私立小学校のオンラインスクールの様子
  4. 年長英検4級、小3英検2級、秋の英検受験無事終わりました
  5. 小3娘、Vlogはじめてみた

archives

  1. Hey、彼女~、ドライブいかない?笑 

    セブライフ

    Day38: 4歳男子、セブでとっておきの誕生日プレゼント!自宅がゴーカート場に…
  2. /海外移住/セブ移住/セブ親子留学/セブ子育て/セブ教育移住/セブ留学/セブブログ/セブ親子移住/ロングステイ/英語留学/お家英語/子供の英語学習/バイリンガル教育/マルチリンガル教育/中国語/子供中国語/キッズ中国語/フィリピン教育/フィリピン留学/フィリピン英語留学/フィリピン親子留学/ワケーション/ママ起業/セブオーシャンパーク

    スクールライフ

    ついにソフトオープン!セブ、オーシャンパークへの遠足
  3. Khan Academy カーンアカデミーのアプリで分数を勉強中

    スクールライフ

    Day159: 算数強化週間!無料で学べるカーンアカデミー!英語で算数を学ぶ
  4. ジプニーのボディカラーとデザインはとてもユニークで見ていて楽しい。

    スクールライフ

    Day16: ジンボリー(Gymbore Play & Music)そ…
  5. 何かにとりつかれたように執筆活動中の娘。

    セブライフ

    Day184: 子供の英語、我が家のライティング力の伸ばし方。お手紙とストーリー…
PAGE TOP