/海外移住/セブ移住/セブ親子留学/セブ子育て/セブ教育移住/セブ留学/セブブログ/セブ親子移住/ロングステイ/英語留学/お家英語/子供の英語学習/バイリンガル教育/マルチリンガル教育/中国語/中国語学習/キッズ中国語/子供の中国語/多読

スクールライフ

英語の多読。移住したからって英語ができるわけじゃない。SCHOLASTICを利用した全校読書プロジェクト

/海外移住/セブ移住/セブ親子留学/セブ子育て/セブ教育移住/セブ留学/セブブログ/セブ親子移住/ロングステイ/英語留学/お家英語/子供の英語学習/バイリンガル教育/マルチリンガル教育/中国語/中国語学習/キッズ中国語/子供の中国語/多読
今年は早々にScholasticの40冊達成し、記念バッチとギフトの本をいただく

今年度から子供たち全員に読書を課す(成績評価の一部とする)プロジェクトが導入されました。
Scholastic Readingを採用した多読で、去年もありましたが、強制ではありませんでした。

今年からは図書館で半年に最低20冊、1年で40冊以上は本を読まなければいけません。不足すると英語のReading科目の成績評価に影響します。

このScholastic、どういうシステムかというと、

①レベルチェックテストを受けて、
②子供の読解力レベルに沿ったScholasticの本を読んで、
③本を1冊読むごとにカードに記録し、
④コンピューターでComprehention、読解力テストを受ける、

といったなかなか秀逸な仕組みです。

/海外移住/セブ移住/セブ親子留学/セブ子育て/セブ教育移住/セブ留学/セブブログ/セブ親子移住/ロングステイ/英語留学/お家英語/子供の英語学習/バイリンガル教育/マルチリンガル教育/中国語/中国語学習/キッズ中国語/子供の中国語/多読
小1、小2とScholasticの記録カードは大切にとってある

学年の年度始めにSRI(Scholastic Reading Inventory) TestというReading・読解力のテストを受けます。

数週間後に結果とともにLexileレベルが返ってきます。
子供の英語読解力が大体どのレベルか客観的に分かって納得できます。

去年娘が移住直後、小1でSRI受けた時は、ほぼ読めていないLexileビギナー(BR)レベルでした。ちなみに日本では英検3級合格後でした。

それから1年、英語をシャワーのように浴びて読みまくって教育を受けている効果はいかに。今年はめでたくネイティブの小2平均相当の読解力レベル563Lに大幅アップしてました。

今年から全員読まなくてはいけないので、休み時間や放課後の図書館は大混雑です。なかなか読書場所やコンピューターを確保できません。

期末テスト期間の放課後や、空いていそうな隙間時間を狙って、地道に稼ぐ作戦で、早々と1年のクライテリア40冊を読了できました。

20冊単位読み終わるごとにバッチをもらえるのですが、40冊読むと本をプレゼントされました。

/海外移住/セブ移住/セブ親子留学/セブ子育て/セブ教育移住/セブ留学/セブブログ/セブ親子移住/ロングステイ/英語留学/お家英語/子供の英語学習/バイリンガル教育/マルチリンガル教育/中国語/中国語学習/キッズ中国語/子供の中国語/多読
Scholastic多読のやりかた

我が家ではベッドルームをお家ライブラリーにしていて、日本語・英語・中国語の本をいつでも手に取れるように置いています。日本に帰国するたびにスーツケース重量オーバーぎりぎり持ってくるものはほとんどが子供たちの本です。

小2の娘は、移住2年目にして、日本語の本も英語の本も好きなほうを自由自在に読んでいますが、家でのリラックスタイムは日本語の本がお気に入りなようです。

英語も日本語も読む練習をして継続的に語彙を増やしていかないと、読解力はあがりません。移住したから、留学したから、魔法のように英語ができるわけではなく、日本語も英語もどちらも維持して習得していくのはとっても大変。

逆にネイティブでもそうなのだから、日本にいようと海外にいようと一緒。
英語を話す環境は少なかったとしても、ひたすら英語の語彙を蓄積して本を読めるように書けるようにしてあげる、これを地味に続ける、ことが一番の遠くて長い近道だと思うのです。

英検受験の本ばかり、日本の英語教育・受験の英語ばかりでは、かなり語彙やコンテンツに偏りがあると痛感しているので、ネイティブの子供たちが読んでいるような本や教科書を学年ごとに読める環境があると最高なのですが。多読のために自前で本ばかり買っていたらいくらあってもお金がたりません。最近ではRaz-Kids等多読アプリもあるので上手に活用したいですね。でもせっかくだから税金使ってる地元の図書館にもっと児童向けの英語の本あるといいですよね(ググったら、豊田市の図書館にScholasticの本ありました。すばらしい。)

ピックアップ記事

  1. Day25: セブに来るなら覚えると楽しみ倍増!ビサヤ語(セブ語)超基本挨拶10…
  2. フィリピン・セブ親子留学体験2回目~幼稚園年長娘(2018年3月・留学期間4週間…
  3. Day27: おみやげにもおススメ!セブのNational Book Store…
  4. セブ島で子連れAirbnb初体験するなら、マクタンニュータウンがおすすめ!
  5. フィリピン・セブ親子留学体験~幼稚園年長娘(2017年8月・留学期間1週間)

関連記事

  1. 放課後のプレイタイム

    スクールライフ

    Day15~Vol2: 娘のスクール初日の感想とアフタスクール

    今週は14時に下校の娘。息子を連れてお迎えに行きます。小学校の登…

  2. クラス集合写真も誰かのママが送ってくれます

    スクールライフ

    Day240: 今週はEnglish Week!! ありものでシンデレラに変身

    Book Charactersのクラス集合写真娘のスクールで…

  3. フィリピンのランドセル、ストローラーをひいての初登校

    スクールライフ

    Day22: 幼稚園でも連絡帳でお知らせされる今週の学習内容

    スクールも2週目となり、小1はがっつり授業開始。先週は初めて宿題ら…

  4. 筆記体をマスターした娘とお手紙交換

    スクールライフ

    Day248: 小1娘、筆記体(Cursive Writing)をあっさりマスター

    筆記体にはまり中の娘とお手紙交換フィリピンではアルファベット…

  5. 7歳、初めてのバイオリンに大興奮

    お習い事

    Day40: セブでバイオリン、チェロを買うならここ!隠れ家ストア”Musics & Mo…

    スクールでは様々なクラブ活動が充実しています。AMPと呼ばれる…

  6. /海外移住/セブ移住/セブ親子留学/セブ子育て/セブ教育移住/セブ留学/セブブログ/セブ親子移住/ロングステイ/英語留学/お家英語/子供の英語学習/バイリンガル教育/マルチリンガル教育/中国語/中国語学習/キッズ中国語/子供の中国語/HSK

    スクールライフ

    夏休みの予定を立て始めました。小2娘、4月にHSK1級受験

    2019年の夏休みは、上海の名門大学、復旦大学を見学…

recent post

  1. 小3娘、中国語HSK2級合格。年長息子も中国語オンラインレッ…
  2. マルチリンガル子育て。小3娘、フランス語を開始。
  3. 子連れ登山!国師ヶ岳へハイキング
  4. コロナ禍のフィリピンから帰国5か月。ついにセブ自宅のリモート…
  5. 年長息子、レゴブーストで、ゆるゆるロボットプログラミングの学…

archives

  1. /海外移住/セブ移住/セブ親子留学/セブ子育て/セブ教育移住/セブ留学/セブブログ/セブ親子移住/ロングステイ/英語留学/お家英語/子供の英語学習/バイリンガル教育/マルチリンガル教育/中国語/中国語学習/キッズ中国語/子供の中国語/バイオリン/オーケストラ

    フィリピン親子留学体験

    春休みのセブ旅行、セブ親子留学は、現地インターナショナルスクール、プライベートス…
  2. クラス集合写真も誰かのママが送ってくれます

    スクールライフ

    Day240: 今週はEnglish Week!! ありものでシンデレラに変身
  3. /海外移住/セブ移住/セブ親子留学/セブ子育て/セブ教育移住/セブ留学/セブブログ/セブ親子移住/ロングステイ/英語留学/お家英語/子供の英語学習/バイリンガル教育/マルチリンガル教育/中国語/子供中国語/キッズ中国語/フィリピン教育/フィリピン留学/フィリピン英語留学/フィリピン親子留学/ワケーション/ママ起業/公文/公文英語/フィリピン公文/Zoom/オンラインレッスン/オンラインスクール/ニューノーマル/オンライン中国語/プログラミング/Outschool

    マルチリンガル子育て

    小3のお家英語、Reading編。休校中にやっていること。
  4. 親子留学で人気急上昇中のCIECに行ってきた!

    フィリピン親子留学体験

    セブ親子留学、本当は秘密にしておきたい親子留学・子供専門の英語学校! CIEC…
  5. 自然/子育て/アウトドア/山登り/子供/子連れ/登山/ハイキング/国師ヶ岳/マルチリンガル/バイリンガル/STEM教育/STEAM教育

    アウトドアライフ

    子連れ登山!国師ヶ岳へハイキング
PAGE TOP